カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客さまの声 サイトマップ
「ペットにも飼い主様にも愛される商品」をお届けするため、素材にこだわり、安心・安全で体に優しい商品を揃えております。

定期的な通院の奨励


☆定期的な通院の奨励


予防接種

予防接種は体力・免疫力のない子犬、子猫にとってはとても大切なものです。予防接種は病気の感染を予防することはできますが、病気を100%予防できるという保証ではありません。ではなぜ予防接種が必要なのでしょうか?予防接種をしていれば、感染しても症状が軽症で済んだり、治療をしやすくし、完治を促してくれます。実際にワンちゃん猫ちゃんを飼い始めたら、動物病院で予防接種を受けましょう。接種時期は、母親からの抗体が切れ始める生後2ヶ月齢に1回目、さらに1ヶ月後に2回目を接種します。完全に免疫を作るためには、さらに1ヶ月後に3回目の接種をお勧めします。その後は1年毎に同じ予防接種を受けると、その感染症に対する抗体価(抵抗力)が上がり、より感染しにくくなります。


室内飼育でも予防接種は必要です

完全に室内飼育なら予防接種は必要ないのでしょうか?いいえ、それは違います。感染症のなかには空気感染するものもあり、飼い主がウイルスの運搬者(キャリアー)として運んでくる可能性もありますので「100%感染しない」という保証はありません。また予防接種はその子自身を守るだけでなく、お友達のペットやこれから一緒に暮らすかもしれない新しい子も守ることになります。ウイルスは目に見えません。ペットが感染して後悔されないためにも、予防接種をされた方が安心です。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ